紫外線はお肌のハリの大敵

紫外線というと、なんとなくでもお肌に悪いものという意識を持っている方は多いでしょう。

効率よくお肌にハリを取り戻すためにも、紫外線がどんな悪影響を与えているのかをきちんと理解し、ハリ肌を意識した紫外線ケアの方法をマスターしましょう。

秋冬も曇りや雨の日も紫外線対策は必要

紫外線には波長の違いで紫外線A波(UVA波)と、紫外線B波(UVB波)とに分かれます。

紫外線というと、シミの原因というイメージがありますが、お肌のシミの原因となるのは、紫外線B波の方です。

紫外線B波は非常にエネルギーが強く、表皮を刺激して日焼けの状態を作ります。

表皮ではお肌を守ろうとして、基底層のメラノサイトでメラニンが生成されます。

このメラニンがお肌に蓄積するとシミとなります。

一方の紫外線A波は、エネルギーはそれほど強くはないのですが、真皮層まで到達して、コラーゲンの弾力を弱めたり、コラーゲンそのものを破断して、お肌のハリがなくなる大きな原因となります。

紫外線A波がやっかいなのは、曇りや雨の日でも地表に到達し、ガラスや薄いカーテンを通過して室内に入り込むことです。

紫外線A波は浴びても特に何も感じないため、曇りや雨の日、秋冬などに特にUVケアをしないという方も多く、知らず知らずのうちにお肌の真皮層に影響を与えているのです。

これが紫外線の怖いところです。

夏に海や山で紫外線を浴びると日焼けしますから、紫外線の害というと、日焼けであるとか、シミになることをイメージする方がほとんどです。

しかし、本当に怖いのは、紫外線の害を受けていることを自覚しないうちに、紫外線A波がお肌の奥へと到達して、お肌のハリを生み出しているコラーゲンを崩してしまうことです。

ですから、お肌のハリを失わないためにも、春夏はもちろんですが、秋冬でも、曇りや雨の日でも美白化粧品を使うなど、しっかりと紫外線対策をする必要があるのです。

UVケア化粧品の基本知識

UVケアはシミ対策のためだけでなく、肌のハリを失わないためにもしっかりと行う必要があることがお分かりいただけたと思います。

そこで、基本的なUVケアの知識をおさらいしておきましょう。

UV化粧品、日焼け止めの表記に紫外線B波のカット効果を示すSPFと、紫外線A波のカット効果を表すPAとがあります。

日焼け止めを選ぶ際には必ずSPFとPAを確認しましょう。

SPF50と表記されていれば、なにも塗らない場合と比較して、50倍の時間日焼けを防ぐという意味です。

PAは「+」の数で示し、+++は非常に効果が高い、++は効果が高い、+はやや効果があるを意味しています。

日焼け止めは日焼け止め効果が高くなるほどお肌への刺激も強くなる傾向があります。

ですから、真夏の外出時のケアと秋冬のケアとで使用する日焼け止めを使い分けるとよいでしょう。

また、日焼け止めの成分には、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤とがありますが、紫外線吸収剤は刺激が強いので敏感肌の方なら「紫外線吸収剤フリー」と記載されているものを選びましょう。

また、敏感肌の方は、秋冬はパウダーファンデーションを使うというのもアリです。

他にも敏感肌向けの美白化粧品には、お肌に刺激を与えない美容液やローション、クリーム等がありますが、これらに日焼け止めの効果をプラスしたものもありますので、試してみるとよいでしょう。

日焼け止めにも、ローションやスプレー、ジェル、クリームや乳液などいくつかありますが、それぞれメリットデメリットがあります。

ローションやスプレーのようなサラリとした使用感のものには、紫外線吸収剤を使用したものが多く、クリームや乳液タイプは多少価格が高めというデメリットもあります。

ご自身のお肌に合うものをいろいろ試してみて選びましょう。